実は給料をあげる必要はない

力士こうたの見方

 

前の記事で投資しようとしてたーって言う話してて思い出したんだけど、ちょっと前にこんな記事を見つけたんだよね。

社員に古い道具で作業をさせる社長がどれだけ愚かなのか、ドラクエで例えた話が参考になると話題に!(オレ的ゲーム速報@JIN様より引用)

社員に古い道具で作業をさせる社長がどれだけ愚かなのか、ドラクエで例えた話が参考になると話題に! : オレ的ゲーム速報@刃
社員に古い道具で作業をさせる社長がどれだけ愚かなのか、ドラクエで例えた話が参考になると話題に!の記事ページ

何々…?
うーん、ゆーても企業の設備投資って簡単じゃないんじゃないか?

このご時世給料払って、負債があるならそれも払ってさらにお金貯めるってなると大したモンじゃね?

だよねー、お上に申請して税金で補助してもらっても何千万とかなるようなお金はそうそう動かせないよね…。できるに越したことはないけど。

でも何だってこんな話題を文頭に持ってきたんだよ?

世の中ってさ超スピードで動いてるワケじゃん。

Amazonとかさポチるだけで

次の日に着くのが当たり前の世の中だろ?

 

その今どきのスピード感をもってモノづくりしろ!

って言われても無茶な話だよね。

 

日本は工業で成り立っている国だけどコレって

製造業にとってそーとー厳しくない?

その世の中の動きに追いつく為の設備投資だろ。

…あ、そういう事か。

そう。サービスのスピードは上がっているけど、実際の生産工程はそんな簡単にスピードアップなんてできない。

このギャップも原因なのかなと。

設備投資なんてしてる余裕がある企業ってどこにあるんだって話か…。(※日本の中小企業の割合は99.7%

2019年版中小企業白書より)

 

 

・別に給料をあげる必要はない

 

 

ちょっと話は変わるんだけど、ハチローは会社で出世するにはどうしたら良いと思う?

なぁ、猫にそれを聞くか?

今更でしょ。
で、どういう方法を使えば良いかな?「勤続年数」を重ねる以外で。

 

そりゃ、無遅刻無欠勤とか?休日出勤にも応じて、残業も文句いわずにするとか?

…猫的に言ってあり得ねー面倒くささだな。

 

そうだね。
でも世の中それを出来ている従業員って山ほどいるよね…。

だから理由としては弱いんだよな。

テメー、意見を求めといてその返しは何だよ!
もっとリスペクトを持って接しろ!

(それ君が言うんかい…)
ごめん。でも本当にみなさん真面目な方ばかりなので…、

中々の偉業ではあるとは思うんだけどね…。

じゃあ、お前の意見はどうなんだよ。

うん。会社の売上を生産工程や方法を見直して数パーセント上げました!とか、
品質を維持したままコストカットを実現しました!とか、収益に関わる改善をアイデアを考えて実行する。しかも継続的に何度も。

厳しくねぇ!?

うん。間違いなくキツい。
会社勤めしている人と言うのは

「日頃の仕事で精一杯です!むしろそれだけやってれば給料が上がってゆくんじゃないんですかー!(泣)」

というのが大多数だからね。

 

自分の仕事しながら周囲に改善を促せなんて大変だと思うよ。

うーむ。コレが実力主義か。

…待てよ、野生的に考えたら当然なのか?

それはちょっと分からないけど、話をつづけるね。

 

もし自分が何かしらの改善をして会社の売上が上がるじゃん。

例えば1000万とか。

ふんふん。

その1000万円をそっくりそのまま貰えると思う?

無理だろ。

それこそ先に言った設備投資に充てたりした方が良いだろうよ。

影響があるとすればボーナス査定が良くなったりする程度だろ。

 

給料もわずかに上がるくらいか?

そんなもんだよねー。

会社は全体の利益を第一にしなきゃならないからね。

 

給料として払って個人に払ってしまったら1000万はそこで終わりだけど、これを設備投資に回せば2000万、3000万と新たなお金を生む事が出来るからね。

 

「ニワトリをさばいてその日の肉を得るより、生かして卵を産ませる」か…。

会社の利点はそれだよな。

 

でも、個人の給料はほとんど上がらない。

企業からしたら給料をあげる必要なんてないんだ。

もし文句があってもそんな簡単に従業員は会社辞めたりしないからw

社員と企業ってズブズブだよな…。

共依存カップルかよ…。

「君の代わりなんていくらでも居る」って

言っても社員に頼らないと事業は存続できないし…。

 

ちなみに依存は「いそん」と「いぞん」
どっちが正しいかって言うとどっちもOKだそうだよ!

急に豆知識を挟むなよ。
そんでいつものように「では、アフィリエイトは?」とか言って勧めるんだろ?

…と言いたとこだけどこの観点からは一概には言えない。

何でだよ。

胸を張って「この仕事が好きです!仲間とやる仕事を誇りに思ってます!」と言えるならばこんな風に考える必要がないからさ。

 

そういう方々には給料の多い少ないは二の次でしょ?

 

僕は基本的に他人と一緒にいるだけでストレスを感じてしまう人だから理解できない所もある。

 

でもそういう風に誰かと共に仕事する事に幸せを感じる人にはアフィリエイトは向かないのかなって…。

 

少なくとも否定はできないなー。むしろ羨ましいくらいだよ。

 

「近いから。」という理由で職場や学校を選び続けてきた僕には眩し過ぎる…。

 

…まあそういうのも人間のサガなのかもな。

お前のテキトーな理由も含めて。

 

うんうん。ホント悩ましい問題だよ。

(言い訳とかしねぇのかコイツ…)
お、おう。そうだな。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

いつか他人に貢献できるような人間になれたらいいなーなんて思ってみたり。

もし「知識をアフィリエイトすることによって他人の収益を増やす」ができたなら中々気持ちのいいモンじゃないでしょうか?
みんながみんなそういう風になるのは難しいのかもしれませんが…。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

「力士よぉ、ちょっとは役にたってんじゃねーか。」と思って頂けた方は下記バナー

をクリックして頂けると幸いです。

 

 

人気ブログランキング

ブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

にほんブログ村 ブログブログへ

 

コメント

error:Content is protected !!