ぼかぁはね、ブログは継続しろって簡単に言うやつは信じねーんだわ

意識低い系習慣

 

(……カタカタ)
うーん。

珍しくパソコンに向かって何やってんだ?

「珍しく」は余計でしょ。

 

外注さんにお願いしてた記事を推敲&チェックしてたんだけどちょっとね…。

何か問題あんのか?

 

大体はそのままでもOKなんだけど、
日本語が明らかに不自然な記事を納品する人もいるんだよ。

 

納品する前に一読すればまず気付けるレベルのミス…

 

具体的には同じ事を言い換えて何度も繰り返したり、結論に至るまでの理論が飛躍してしまっていたりとか。

 

 

(まー、僕もブログの下書きで良くやるミスなんだけど…)

ボツにしてやり直させれば良いんじゃね?

確かに仕事なんだからしっかりやって下さいと言いたいところだけど、

 

格安でお願いしてる立場からしたら言いにくいんだよね。

 

あと、ライターさんがのびのび書いてくれるのを優先してるからなぁ。

なら校正するヤツを雇ったらどーなんだよ?

うーん、それが正解なんだろーけど、今の僕のポケットマネーを考えるとキビシーんだよね…。

 

規模もまだ小さいし。

それに、しっかりした文章を書いてくれるライターさんの場合はブログ投稿するついでにちょっといじったり装飾したりするだけでOKだし。

 

わざわざ…って言うのが本音かな。

ビンボー人だからなオメーはww

うん。…まあ、ビンボーかつダラダラ人間なんだからこんな事やってるんだし。

 

有能な働き者なら勤め先の会社で上手く立ち回ってその組織の中で出世できるさ。

お金が欲しけりゃ横道に活路を見いだすしか
ねーって事だな。
…ところでよ、こういうライター業って儲かるのか?

・webライターの需要はある!けど…

 

うーん、どうなんだろ。近年のパラレルワークの考え方とかコロナ禍による収入減を補う為の副業、選択制週休3日での柔軟な働き方の議論とかテレビで取り上げられるレベルのメジャーな話題になってきたし。

でもそういう時流の中、手軽なwebライターとかやってみようって思ってみたりする人はきっと増えているハズだよね。

 

実際、こないだライターさんを募集した時、ワーカーさんに直接アプローチしなくても結構応募があってビックリしたよ…。

需要は増えてるだろうっていう事だな。
じゃあ供給はどうなんだよ。

これはインターネット広告に関しての調査だけど…、

 

こんな世の中であっても伸びているようだから、これからもweb媒体で物を書く仕事も供給量も安定して増え続けるんじゃないかな。

 

日本の総広告費は約6兆円(前年比88.8%)だがネット広告は伸長 

電通が最新レポートを公表https://ecnomikata.com/ecnews/29664/

…は〜。じゃあwebライターをするには今良い時期なんだな。

僕もそう思うよ。

でも、お前は何でやらないんだよ?

色々理由はあるけど…。

けど?

 

 

め ん ど く さ い。

 

 

出た、最大最強の理由。

だって僕は文章書くのおっそいからね〜。

 

文章につまってヤル気を無くして

ブログ更新自体をやめちゃうタイプの人間だし。

他人に「こういうネタの記事が受けそうだから書いてよ〜、お金払うからさ♪」

 

という感じにネタだけ出して、内容は他人に任せてコンテンツを作ってゆく方が性に合ってるんだよね。

 

このブログじゃ何度も言ってるけど何かを発信し続けなければ何も起こらないし。
(しかも毎日が望ましいとか…)

 

利益なんてなおさらだよね〜。

つまり、自分でブログを書く為じゃなく、情報発信を続ける為に外注しているのか?

うん。ブログでお金を得たければライターとしても優れてる必要がある

 

と勘違いしてる人が多いけど、

実はそうじゃないんじゃないのか?という事を今日は言いたかったんだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

何事も最初はヤル気はありますが、継続するためには

 

面倒くさい→ヤル気がおちる→頻度が低くなる→なんかどうでも良くなる→当然結果なんてでない→やめてしまう

 

というありがちバットエンドを回避しなきゃいけません。

でもそうは言っても面倒くさいことは避けられません…。

言い換えるならどんな事にも継続する以上は壁は存在するのだ。という当たり前すぎる事実だけがあります(認めたくないですが…)

でもその壁に対処する方法は自由だー!
(ですよね?)

叩いて壊す、登る、穴を空けるetc…。
その方法のひとつとして他人様にある程度お膳立てしてもらいながら、なるべく楽に壁を越えるという方法も大アリだ!

と考える力士なのでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

もしこの記事が何かのお役に立ちましたら、クリックしていただけると幸いです。

 

人気ブログランキング

ブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

にほんブログ村 ブログブログへ

 

 

 

 

コメント

error:Content is protected !!